化粧品でもプチ整形でもよく用いられているヒアルロン酸ですが、その効果まできちんと知っている人はあまりいません。漠然と保湿力が高いということ、肌に良いということだけで選んで使っているのでは、自分の肌にあったものを選ぶことができていないことも多くあります。そこで、ヒアルロン酸の保湿効果がどのようなものかを知った上で用いることが重要です。

ヒアルロン酸は有名な通り水分を抱え込んで保湿することができます。しかし、皮脂や角質など肌に油分が少ないと水分を補給してもすぐに蒸発するので、ヒアルロン酸以外にも皮脂や角質の乾燥対策が必要です。特にセラミドとの相性が良く、セラミドが配合されているヒアルロン酸化粧品を用いるのか、セラミドの配合されているクリームを別に用いるのかは肌の状態によって使い分けます。

また、肌への浸透率が低いために肌に汚れがたまっていたり硬くなって吸収が悪い状態になっていればヒアルロン酸を塗布しても角質層まで届けることができません。そこで最近は低分子タイプのものが良いと言われていますが、低分子は蒸発も早いですし、保湿時間も短いです。そこで、使用感がしっとりしたものが良い場合や肌の乾燥がひどい時には低分子ヒアルロン酸は向かないことがあります。そこで、使用感と肌の状態によって低分子のものと高分子のものは使い分ける必要があります。